同人誌の表紙は業者へ依頼【簡単に作れる同人誌】

色を数値で表す

デザイナー

誰もが納得する結果

人の印象というものは不確かなことが知られており、特に色に関する記憶となると、なおさらあてにならないものです。それが、会社同士で取引している工業製品であれば、毎回同じものを届ける必要があるため、色について客観的な数値として、規格を設定しておくことが求められます。こうしたときに、使い勝手の良い検査機器として挙げられるのが、色彩色差計と呼ばれる、色の計測を行うことができる機器です。色彩色差計は、検査対象物の表面の反射光を利用した計測機器であり、発した光と戻ってきた光の差を比較して判定を行っています。計測した色調はL値、a値、b値といった空間上の3点をイメージした3次元の座標上の一点として表されることになります。すべての対象物の色は、空間上の一点として位置が決まることとなり、色彩色差計は点同士の距離を文字通り「色差」として数値化するわけです。したがって、色差が大きければ大きいほど、色の差が激しいということができ、いつもとは違う製品になっている、という判断ができるわけです。一般的に、色彩色差計で計測した色差はΔEという表現がされ、例としてΔEの範囲が0から3、という具合に製品規格として採用することが多くなっています。この範囲は、製品規格値を空間の一点とした場合には、球の中心としてイメージすることができ、計測データの位置関係から、製品規格値と比較して、やや明るい色である、といった誰もがわかりやすい表現をすることができます。

Copyright© 2018 同人誌の表紙は業者へ依頼【簡単に作れる同人誌】 All Rights Reserved.